FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
Lola Albright Dreamsvilleを楽しむ
強い台風12号は、関東甲信に接近しており深夜には東海地方に上陸するようです。当方の在住する神奈川県西部もかなり風雨が強くなって来ました。前回の大雨のような被害にならないことを祈るばかりです。

今日は、女性ヴォーカルを聴いています。

Lola Albright Dreamsville / Columbia CS 8133 1959.




Vocals – Lola Albright
Orchestra under the direction of Henry Mancini

A1Two Sleepy People
A2Dreamsville
A3We Kiss In A Shadow
A4Brief And Breezy
A5You're Driving Me Crazy
A6They Didn't Believe Me
B1Soft Sounds
B2Slow And Easy
B3It's Always You
B4Straight To Baby
B5Just You Just Me
B6Sorta Blue

 Henry Manciniのオーケストラを伴奏に唄うLoraの明るくキュートな美声が魅力的です。Columbiaの1959年stereo録音は、オケの重厚な響きとLoraの表情を自然に再現しており、なかなかの優秀録音です。





スポンサーサイト



Jazz Spot Step! 稲葉国光Trio
稲葉さん曰く、『やっと刑務所から出所した。』との事で、お元気な演奏を聴けて安心しました。
立ち見が出るほどの盛況ぶりで、こんなに混んだのはStep!では初めてです。









McIntosh C22の電源
先週末は甥っ子の結婚式が大阪であり、そのついでにUSJにも寄ったりしたので、この2週間ほどは全く音楽を聴いていませんでした。
昨日の夜、久々にStereoの電源を入れ、先刻からようやく聴き始めたところです。

私はC22のオリジナルタイプを10年以上愛用していて、3~4年に一度、贔屓のオーディオショップでメンテナンスをして貰っています。最初の頃には12AX7を色々と差し替えていましたが、今はTelefunken製♢に落ち着いています。

C22の電源は117Vから供給しています。100Vよりも安定して明瞭な音場感になる印象です。





暑い日にはクールなピアノトリオでムシムシさを吹き飛ばしたいですね。

Hampton Hawes Trio / Here And Now / Contemporary S7616 1966.


Piano – Hampton Hawes
Bass – Chuck Israels
Drums – Donald Bailey
Sound by Mark Taylor & Lester Koening

A1Fly Me To The Moon
A2What Kind Of Fool Am I?
A3The Girl From Ipanema
A4Rhonda
B1Dear Heart
B2People
B3Chim Chim Cher-ee
B4Days Of Wine And Roses

Hawesのアレンジでスタンバードナンバーを心地よく楽しめます。録音はContemporaryらしくクリアで見通しの良い音質です。

Trio Pim Jacobs / Come fly with me / PHILIPS 6423 529 1982.


Piano - Pim Jacobs 
Bass - Ruud Jacobs
Drums - Peter Ypma

A1  I've Got The World On A String
A2  Spring Will Be A Little Late
A3  Come Fly With Me
A4  Autumn Leaves
B1  Who Can I Turn To
B2  I Love You
B3  Body And Soul
B4  Sultry Serenade
 
こちらのレコードもスタンダードナンバー満載です。PHILIPSらしいバランスの良い録音であり、高音質盤として評価されているのも納得です。CDも高音質です。


愛犬の葬いにTHE CAT を聴く
約14年間飼っていたビーグル犬のクリが7月4日に天国に旅立った。この数ヶ月間は、糖尿病を患い白内障もあって目は殆ど見えなかった。朝晩の食事前にインスリンを注射して、体調を維持し、30分程度の散歩へは何とか行っていた。
私も毎週末のクリとの散歩は、数少ない運動の機会であった。街の自然に目を向けて歩き、気温差などから季節の移り変わりを感じていた。
たとえ犬でも亡くなると寂しいもので、ここ数日間は感傷的な気持ちになる。

気持ちを切り替えるためにこのレコードを聴いた。

The Cat - The Incredible Jimmy Smith / Verve V6-8587 1964.


Arranged By, Conductor – Lalo Schifrin
Organ – Jimmy Smith
Bass – George Duvivier
Bass Trombone – Tony Studd
Drums – Grady Tate
French Horn – Bill Correa, Earl Chapin, Jim Buffington, Ray Alonge
Guitar – Kenny Burrell
Percussion – Phil Kraus
Trombone – Billy Byers, Jimmy Cleveland, Urbie Green
Trumpet – Bernie Glow, Ernie Royal, Snooky Young*, Jimmy Maxwell, Marky Markowitz, Thad Jones
Tuba – Don Butterfield
Engineer – Rudy Van Gelder

A1 Theme From "Joy House"
A2 The Cat (From The Motion Picture "Joy House")
A3 Basin Street Blues
A4 Main Title From "The Carpetbaggers"
B1 Chicago Serenade
B2 St. Louis Blues
B3 Delon's Blues
B4 Blues In The Night

Jimmy Smith(Organ)は、何故かJAZZファンのあいだでは人気が低いよう。高音質盤なオリジナルレコードも比較的安価に入手できる。

JAZZオーケストラが奏でる音の洪水を浴びると少し気持ちが落ち着いた。



クリちゃん。14年間ありがとう。





Miles VS Chet 聴き比べ
ジャズトラペットの代表的なプレイヤーというとMiles Davis(1926年5月26日 - 1991年9月28日、65歳没)とChet Baker(1929年12月23日 - 1988年5月13日、58歳没)は、必ずあげられますね。
二人の人物像や来歴はネット上に沢山あるので検索してもらうとして、手持ちのレコードを聴いてみました。

Chet Baker Baby Breeze / Limelight LM 82003 1965.


Garrard 301 Ortofon RS-309D  SPU CG 25 Di MKⅡ


Flugelhorn, Vocals – Chet Baker
Alto Saxophone, Flute – Frank Strozier
Tenor Saxophone – Phil Urso
Piano – Bob James, Bobby Scott, Hal Galper
Bass – Michael Fleming (2)
Drums – Charlie Rice
Guitar – Kenny Burrell

A1 Baby Breeze
A2 Born To Be Blue
A3 This Is The Thing
A4 I Wish You Love
A5 Everything Depends On You
B1 One With One
B2 Pamela's Passion
B3 The Touch Of Your Lips
B4 Comin' Down
B5 You're Mine Now

このアルバムでChetは、Flugelhornを吹いています。とてもふくよかでコシがある録音です。Limelightはこのような音場づくりが得意なのでしょう。
私はChetの甘いボーカルは好みではなかったのですが、最近は、あまり気にならなくなってきました。

Miles Davis Collectors' Items / Prestige PRLP 7044 1956.


Trumpet – Miles Davis
Bass – Paul Chambers (3) (tracks: B1 to B3), Percy Heath (tracks: A1 to A4)
Drums – Philly Joe Jones (tracks: A1 to A4), Art Taylor (tracks: B1 to B3)
Piano – Tommy Flanagan (tracks: B1 to B3), Walter Bishop Jr. (tracks: A1 to A4)
Tenor Saxophone – Charlie Chan (tracks: A1 to A4), Sonny Rollins
Recorded By – Rudy Van Gelder

A1 The Serpent's Tooth I   
A2 The Serpent's Tooth II   
A3 Round About Midnight   
A4 Compulsion   
B1 No Line   
B2 Vierd Blues   
B3 In Your Own Sweet Way

帝王Milesのもと豪華メンバー揃い踏みのアルバムです。この時期のRudy Van GelderのMonaural録音レコードは、切れ味鋭く、まさに音の塊が飛んでくるといった臨場感です。Stereo録音の必要性を感じないという論評も頷けます。




RANDY PORTER TRIO Eight Little Feet を804D3で楽しむ
RANDY PORTERはサンディエゴで生まれ、オレゴンで活動するジャズピアニスト。 Eight Little Feetは、2000年にリリースしたCDです。

Randy porter trio Eight Little Foot / HeavyWood Music HW 7889J 2000. / FLAC 44.1kHz 16bit


Piano - Randy Porter
Bass - Bob Magnusson
Drums - Joe Labarbera

1曲目のオリジナル曲Jig With A Pigのグルーブ感が心地良い。駆け抜けていくような演奏は、このピアノトリオの醍醐味です。他のオリジナル曲もメロディアスで表現力の豊かさを感じます。

804D3で聴くと、楽器の輪郭がカチっと引き締まっており、バランス良く響きます。録音の質感はやや硬質的な印象であり、リアリティ感は高いです。

OPPO UDP-205
   ↓
PS Audio M700B
   ↓
Bowers & Wilkins 804D3