FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
Carmen McRaeを楽しむ
Carmen McRaeは、Ella Fitzgerald、Sarah Vaughanらと並ぶ女性ジャズボーカリストの大御所です。
私はこれらのシンガーの中では、Carmen McRaeと一番肌が合うようです。

Carmen McRae – Carmen Sings Monk / Novus 3086-1-n  1990.


Vocals - Carmen McRae
Piano - Larry Willis
Piano - Eric Gunnison
Soprano saxophone, Tenor saxophone  - Clifford Jordan
Tenor saxophone - Charlie Rouse
Double bass - George Mraz
Drums - Al Foster
Engineer – Ed Rak , Leslie Ann Jones

Tracks 1 and 12 recorded live at the Great American Music Hall, SF on Jan. 30 and Feb. 1, 1988
Tracks 13-15 recorded at Clinton Recording Studio, NYC on April 12 and April 13, 1988

A1Get It Straight
A2Dear Ruby
A3It's Over Now
A4Monkery's The Blues
A5You Know Who
A6Little Butterfly
B1Listen To Monk
B2How I Wish
B3Man, That Was A Dream
B4'Round Midnight"
B5Still We Dream
B6Suddenly
B7Looking Back

全てMonkの曲を取り上げたトリビュートアルバム。往年の名プレーヤー陣をバックに余裕綽々と歌い上げるMcRaeの歌唱力は、貫禄十分です。昨今の女性シンガーとはひと味も二味も違います。

多分Digital録音と思われますが、各楽器は実在感ある響きで音場感も秀でています。特にGeorge MrazのDouble bassに聴き惚れてしまいます。
価格も手頃ですので、レコードでもCDでも聴いてみて下さい。

今日は、301のRS-309DにSPU-GT(プラシェルタイプ)をセットしました。



もう一つ、日本コロンビアの企画したアルバムです。

Carmen McRae – Any Old Time / Denon 33CY-1216 1986FLAC 44.1kHz 16bit



PCM Digital Recording
Recorded at Clinton Studio, New York, June 23, 1986

Vocals - Carmen McRae
Piano - Eric Gunnison
Bass - Scott Colley
Drums - Mark Pulice
Tenor saxophone  - Clifford Jordan
Guitar - John Collins

1Tulip Or Turnip
2Old Devil Moon
3Have You Met Miss Jones?
4Love Me Tender
5I Hear Music
6This Is Always
7Body And Soul
8Prelude To A Kiss
9Mean To Me
10Any Old Time
11It Could Happen To You
12I'm Glad There Is You
13Billie's Blues

こちらもニューヨークの名門クリントン・スタジオでの録音であり、スタンダード曲を多く収録しています。
日本コロンビアの力作で、なかなかの高音質です。先にご紹介した「無線と実験」の音質チェックCDにも収録されています。気になる方は是非聴いてみてください。

スポンサーサイト



David Gordon Trioを楽しむ
台風24号は九州に接近しており、日本列島を縦断するコースと予報されています。大きな被害にならない事を祈るばかりです。

今日も部屋にこもってマッタリとピアノトリオを聴いていました。



David Gordonは私の好きなピアニストの一人で、このブログでも既にご紹介しています。特にZah Zahレーベル時代の初期2作品がお気に入りで、録音も秀逸であるため良く聴いております。

David Gordon Trio – Dozen A Day / Zah Zah ZZCD 9801 1998.

Piano - David Gordon
Bass - Ole Rasmussen
Drums - Paul Cavaciuti

1 Mister Sam
2 Solar
3 Zimmerfolk
4 Blue Pyrenees
5 Carol's Garden
6 Air
7 Looking Up
8 Wives And Lovers
9 How Insensitive
10 Czech Bounce
11 Understand It

David Gordon Trio – Undiminished / Zah Zah ZZCD 9817 2000.

Piano - David Gordon
Bass - Ole Rasmussen
Drums - Paul Cavaciuti

1 Bluesli 
2 My Romance 
3 Dozen a Day 
4 Undiminished 
5 Caravan 
6 Sometimes It Snows in April 
7 Just One of Those Things 
8 Gee Baby, Ain't I Good to You 
9 Waltz for J 
10 It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing) 

David Gordon Trio – Angel Feet / Zah Zah ZZCD 9819 2005.

Piano - David Gordon
Bass - Ole Rasmussen
Drums - Paul Cavaciuti

1 Angel Feet
2 Alchemist and the Catflap
3 English Isobars
4 I Remember You
5 Bebop Tango
6 Francesco's Rhumba
7 Pavanne Tombeau
8 Snakes and Ladders
9 Good Morning Heartache
10 Voyage

David Gordon Trio – Second Language / Zah Zah ZZCD 9827 2008.

Piano - David Gordon
Bass - Ole Rasmussen
Drums - Paul Cavaciuti

1 Mantra
2 Greenland
3 Drummer Boy
4 Second Language
5 Who Can Sail Without Wind?
6 Peer Pressure
7 Finding a Way
8 Salsova
9 The Split Infinitive
10 September Moon
11 What Is This Thing Called Love?
12 Encore Piece

David Gordon Trio – Speaks Latin Nimbus / Alliance NI 6241 2013.

Piano - David Gordon
Bass - Jonty Fisher
Drums - Paul Cavaciuti 

1 Quizas, Quizas, Quizas 
2 La Chipola 
3 Angelita Huenuman 
4 Duerme Negrito 
5 Sambova 
6 Como Sao Lindos Os Youguis (Waltz For Bebel) 
7 Baiao Malandro 
8 Chorinho 
9 Piel Canela 
10 La Punalada 
11 Bajo Un Sauce Lloron 
12 Deixa 
13  Tonada De La Luna Ilena 
14 Tico Tico No Fuba


David Gordon Trio – Alexander Scriabin's Ragtime Band / Mister Sam Records SAMCD004 2016.

Piano - David Gordon
Bass - Jonty Fisher
Drums - Paul Cavaciuti
Guitar - Calum Heath   on two tracks

1 Praeludium Mysterium
2 Alexander Scriabin's Ragtime Band
3 Scriabin's Depressed
4 Cakewalk
5 Prelude For Both Hands
6 Famous Etude
7 Tres Lindas Cubanas
8 Nuances
9 Choro Mazurka
10 El Pollito
11 Rootless Sonata
12 Improbable Hip
13 Passinha
14 River

David Gordon Trioオフィシャルサイト

Shai Maestro Trio - Maya's Song を楽しむ
今日もB&W804D3のセットでピアノトリオを聴いていました。

Shai Maestro Trio - Maya's Song / Motema MTA-CD-177 2015. FLAC 44.1kHz 16bit


Piano - Shai Maestro
Bass - Jorge Roeder 
Drums - Ziv Ravitz

1 Maya's Song
2 When You Stop Seeing
3 Treelogy
4 Painting
5 Elusive
6 Endless Winter
7 Shades
8 Looking Back (Quiet Reflection)

全てShai Maestroの作曲とアレンジによる作品です。美しく情緒的な旋律の曲は何故か琴線に触れ癖になります。特に2曲目のWhen You Stop Seeingに刹那さを感じるのは私だけでしょうか。

なかなか音場感のある録音で、特にドラムスには迫力があります。

B&W 804D3の地震対策
B&W 804D3はWELL FLOATの上に設置しています。音離れがより一層良くなり濁りの無い音質になるのでALTEC6041共々使っていますが、弱点としては小さな地震の際でも左右に大きく揺れることです。
 仕事をしている時に地震があると、804は大丈夫だったかなと心配してしまいます。そこで804とWELL FLOATの上段をベルトで固定しました。

固定する前に改めて804の位置を調整してみました。前に4cm出して間隔も5cmほど広げ、今までよりもやや内振りに設置しました。重量は33kgなので一人で移動できますが、微妙な調整を繰り返したので、エアコンを入れた部屋でも汗をかいてしまいます。

落ち着いた後で聴いたデジタルファイルです。

Robert Lakatos Trio - Never Let Me Go / Atelier Sawano AS066 2007. / FLAC 44.1kHz 16bit


Piano - Robert Lakatos
Bass - Fabian Gisler
Drums - Dominic Egli

1 All or Nothing at All
2 Never Let Me Go
3 My Favorite Things
4 Last Time Together
5 Weaver of Dreams
6 Ray's Idea
7 The More I See You
8 Estate
9 Waltz for Sue
10 When Will the Blues Leave
11 Till There Was You
12 You're My Everything

リズミカルで流麗なピアノタッチは私の好みで良く聴いています。録音も秀逸であり、ダイナミックレンジも広いので、システムを調整する際にも良く使っています。






One Foot In The Gutterを楽しむ
この三連休も特段の予定は無いので、マッタリとしています。

今日はDave Baileyを聴いていました。

The Dave Bailey Sextet – One Foot In The Gutter / Epic LA 16008 1960.


Drums – Dave Bailey 
Bass – Peck Morrison
Piano – Horace Parlan
Tenor Saxophone – Junior Cook
Trombone – Curtis Fuller
Trumpet – Clark Terry

A1One Foot In The Gutter  10:49
A2Well You Needn't  11:51
BSandu  20:56

スタジオに友人達を迎えてのライブ録音は、リラックスした雰囲気の中でいぶし銀プレイヤー達のハードバップを愉しんでいる様子が伺えます。B面にはSanduのみしか収録されていませんが、心地よくスイングするので、あっという間に聴き終わってしまいます。

Altec 6041で聴くと、音場感のある録音であり奥深さや広がりも充分に展開されます。



因みにCBS SONYの日本再発盤Stereo録音もなかなか音が良いです。個人的には、こちらの方をよく愛聴しています。入手し易いのでご興味のある方は是非聴いてみてください。

The Dave Bailey Sextet – One Foot In The Gutter / Epic(CBS SONY) ECPU-11 1977.


Dave Baileyはまだご存命の様です、、、?
生年月日: 1926年2月22日 (年齢 92歳)
生まれ: アメリカ合衆国 バージニア州 ポーツマス


Stanley Turrentine - Let It Goを楽しむ
残暑厳しい折、ついエアコンに手を伸ばしてしまう気温になったので、風切音が気にならないような熱いJazzを聴いていました。

Stanley Turrentine – Let It Go / Impulse! AS-9115 1966.


Tenor Saxophone – Stanley Turrentine 
Organ – Shirley Scott 
Bass – Ron Carter
Drums – Mack Simkins
Engineer – Rudy Van Gelder

A1Let It Go
A2On A Clear Day You Can See Forever
A3Ciao, Ciao
B1'Tain't What You Do (It's How You Do It)
B2Good Lookin' Out
B3Sure As You're Born
B4Deep Purple

妻のShirley Scott(org)と共に録音したStanley Turrentine唯一のインパルス盤です。Turrentineの心地よいTenorブロウを堪能できる銘盤で、タイトル曲はのちに「Sugar(CTI,1970.)」として編曲されますが、私はアップテンポでグルーブするLet It Goの方を好んで聴いています。
ピアノレスなので、RVGが録音したピアノの音質は苦手という方にもお勧めできます。impulse!は高音質盤を多くリリースしており、このレコードもその一枚だと思います。




Carly Simon - My Romanceを楽しむ
引き続き女性ボーカルレコードを聴いていました。

Carly Simon – My Romance / Arista AL-8582 1990.


Produced by Frank Filipetti and Marty Paich
Orchestra Arranged and Conducted by Marty Paich
Recorded and Mixed by Frank Filipetti

A1My Romance
A2By Myself / See Your Face Before Me
A3When Your Lover Has Gone
A4In The Wee Small Hours Of The Morning
A5My Funny Valentine
A6Something Wonderful
B1Little Girl Blue
B2He Was Too Good To Me
B3What Has She Got
B4Bewitched
B5Danny Boy
B6Time After Time

Carly Simonのポピュラーソング集アルバムと言って良いでしょう。オーケストラアレンジはMarty Paichとなっています。
私の好きな曲を多く収録しているので良く聴いています。Carly Simonのボーカルには程良くエコーをかけていてオケとのバランスも絶妙であり、迫力ある声量が全面に迫ってきます。
私好みの録音であり、個人的に女性ボーカルレコードの中では五本の指に入る高音質と評価しています。

こちらは、ドイツプレスのレコードです。盤面をよく見るとカッティングがUSA盤と違うのため、ドイツで新たに原盤から起こしたのでしょう。端正でカッチリした音作りですが、USAオリジナル盤と比較すると音圧やリアリティ感がやや劣ります。






Cybill Shepherd - Mad About The Boyを楽しむ
3連休の中日ですが特に予定もないので、家でマッタリと過ごしています。

今日は女性ボーカルを聴いています。そもそも持っているボーカルは殆ど女性ものですけれど。

Cybill Shepherd – Mad About The Boy / Inner City Records IC 1097 1980.

(初盤の青筆記体では無いです)

Vocals, Producer – Cybill Shepherd 
Tenor Saxophone – Stan Getz
Acoustic Bass – Monty Budwig
Arranged By, Acoustic Guitar, Electric Piano [Fender Rhodes] – Oscar Neves
Bass [Fender] – Octavio Bailly
Drums – Claudio Slon, Joe Baron
Flute – Andreas Kostelas, Arthur Smith (3), Richard Spencer, Mike Altschul
Percussion – Paulinho daCosta
Piano – Terry Trotter
Trombone – Frank Rosolino

A1Triste
A2I Can’t Get Started
A3Please Don’t Talk About Me When I’m Gone
A4This Masquerade
A5Mad About The Boy
B1I’m Old Fashioned
B2It Never Entered My Mind
B3Speak Low
B4I’m Falling In Love Again
B5Do It Again

This Masquerade、Speak Lowなどの著名な曲をボッサ・テイストにアレンジしたアルバム。Cybill Shepherdのチャーミングな歌声が魅力的です。
Stan Getzもさぞや張り切ったのでしょう、心地よくTenorをブロウしている様子がうかがえます。録音はクリアで、ボッサ・テイストにマッチしています。





Dark Beautyを楽しむ
北海道の地震では多くの方が被災され、お見舞い申し上げます。一緒に仕事をしている札幌出身の社員の実家では、家具が倒れるなどの被害が出て、大変だったようです。

今日はピアノトリオを聴いていました。

Dark Beauty - Kenny Drew Trio / SteepleChase SCS-1016 1974.



Piano – Kenny Drew 
Bass – Niels-Henning Orsted Pedersen
Drums – Albert "Tootie" Heath

A1Run Away
A2Dark Beauty
A3Summer Night
A4All Blues
B1It Could Happen To You
B2Love Letters
B3Silk Bossa
B4Blues Inn

Lissa Wintherデザインのジャケットに目を弾かれます。クールな演奏じゃないかと想像されるかも知れませんが、ダイナミックなプレイが多く、私の好きなIt Could Happen To Youは、グイグイと疾走感にあふれ心地良いです。

録音は熱くも冷たくも無く、これといった誇張もされていないナチュラルな印象です。SteepleChaseらしい録音と言って良いでしょう。



The Wizard Of Oz And Other Harold Arlen Songsを楽しむ
先ほどまで降っていた雨も上がり、今日は過ごしやすい陽気になりました。

午前中は、部屋に篭り何を思ったのか突然ALTEC 6041の位置を前後左右に動かして調整していました。このスピーカーは指向性が鋭いため、少し位置や角度を変えただけで音像や定位がもの凄く変化します。幸いキャスターの上に乗せていますので一人で移動できますが、それでも落ち着くまでに3時間程かかりました。

使った音源はこちらです。
『MJ無線と実験 耳でわかるシステム診断』


周波数特性チェック信号などが豊富に収録されており便利です。

位置合わせが一段落した後でこちらのレコードを聴いていました。

Shorty Rogers And His Orchestra Featuring The Giants - The Wizard Of Oz And Other Harold Arlen Songs / RCA Victor Living Stereo LSP-1997 1959.



Producer – Dick Peirce 
Arranged By, Conductor – Shorty Rogers
Guitar – Barney Kessel
Bass – Joe Mondragon
Clarinet, Tenor Saxophone – Jimmy Giuffre
Drums – Mel "The Tailor" Lewis
Piano – Pete Jolly
Tenor Saxophone – Herb Geller
Tenor Saxophone, Alto Saxophone – Bob Shank
Trombone, Soloist – Frank Rosolino
Trumpet – Don Fagerquist
Trumpet, Flugelhorn – Shorty Rogers
Valve Trombone – Bob Enevoldsen
Vibraphone – Larry Bunker

A1We're Off To See The Wizard
A2Over The Rainbow
A3The Jitterbug
A4The Merry Land Of Oz
A5If I Only Had A Brain
A6Ding Dong! The Witch Is Dead
B1My Shining Hour
B2Get Happy
B3Blues In The Night
B4Let's Fall In Love
B5That Old Black Magic

クラシックの世界では高音質盤を多数残しているLiving Stereoだけあって1959年当時のJazz録音とは一味違います。
非常にクリアで広域から低域まで見通し良くステレオ音場が広がり、楽器の響きや余韻もリアルに捕らえられて迫力満点です。初めて聴くと1959年の録音とは信じられないと思います。

子供向けのレコード?だと言って侮れない高音質レコードです。