FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
Sonny Rollins - Way Out Westを楽しむ
大晦日の先程まで、司令官からベランダ掃除の御下命を受けて、せっせとブラシ掛けをしていました。かがんだ姿勢での小一時間の作業は腰にきてシンドいです。普段運動しないツケですね。
今しがたやっとミッションコンプリートしたので、ソファーに腰掛けて緑茶を飲みながらレコードを聴き始めました。

Sonny Rollins – Way Out West / Stereo Records S7017 1958.


Tenor Saxophone – Sonny Rollins
Bass – Ray Brown
Drums – Shelly Manne
Engineer – Roy DuNann

A1I'm An Old Cowhand
A2Solitude
A3Come, Gone
B1Wagon Wheels
B2There Is No Greater Love
B3Way Out West

Sonny Rollinsのピアノレストリオとして著名なレコードです。Rollinsの縦横無尽なアドリブをRoy DuNannの手による高音質録音で楽しめるのは至福のひとときです。特に辛い掃除の後で聴くのは最高にいい気分になります。

このレコードはS 7530と聴き比べてみました。曲は、A1 I'm An Old Cowhandです。

Sonny Rollins – Way Out West / Contemporary Records S 7530 1963.



ALTEC6041のセットで聴くと、なんとS 7530の方がレンジの広さを感じるではないですか。とくにTsの響きの厚さとシンバルの伸びは、こちらの方が上回っています。

もう一枚、OJC-337とも比べてみましょう。

Sonny Rollins – Way Out West / Original Jazz Classics OJC-337 1988.



Phil De Lancieの手によるリマスタリング盤ですが、音質に定評のあるOJCだけあって、聴き比べなければS 7530との差は殆ど感じないと思います。

Way Out Westのレコードにおけるあくまで私の試聴評という事でお許しください。

因みにWay Out Westは、1957年の旧い録音とは感じさせず最新Digital録音の高音質盤のようです。CDも高音質であり充分に楽しめます。

今年ブログを始めて、皆様と交流が出来て楽しかったです。
来年も宜しくお願い申し上げます。


それでは皆様、良いお年をお迎えください。


スポンサーサイト



Ballads & Burtonを楽しむ
今日は、Ann BurtonのセカンドアルバムBallads & Burtonを聴いていました。

Ann Burton With The Louis Van Dyke Trio – Ballads & Burton / Artone XDJ S-5020 1969.


Vocals – Ann Burton
Piano – Louis Van Dyke 
Bass – Jacques Schols
Drums – John Engels
Alto Saxophone – Piet Noordijk (tracks: A3, B2, B4)
Tenor Saxophone – Rudy Brink (tracks: A2, A4, B1, B4)
Engineer – Luc Ludolph

A1A Lovely Way To Spend An Evening
A2Try A Little Tenderness
A3Bang Bang
A4Someone To Watch Over Me
B1The Shadow Of Your Smile
B2It Never Entered My Mind
B3That Ole Devil Called Love
B4Never That Rainy Day

私は、Blue BurtonよりもBallads & Burtonの方を良く聴いています。The Shadow Of Your Smile、It Never Entered My Mindといった私好みの曲を多く収録しているからです。

ALTEC6041のセットで聴くと、セカンド盤CBSとの音質差を感じとれます。
Artone盤の方が、音圧の強さと音色の深みが優っいています。

Ann Burton With The Louis Van Dyke Trio – Ballads & Burton / CBS S 52807 1971.



Blue Burtonを楽しむ
夜も深まってきましたので、しっとりとしたジャズボーカルを聴いていました。

Ann Burton With The Louis Van Dyke Trio – Blue Burton / Artone MDJ S-3063 1967.


Vocals – Ann Burton 
Piano – Louis Van Dyke 
Bass – Jacques Schols
Drums – John Engels
Alto Saxophone – Piet Noordijk (tracks: A3, B2, B4) 
Engineer – Luc Ludolph

A1I Can't Give You Anything But Love
A2Go Away Little Boy
A3He Was Too Good To Me
A4But Not For Me
B1It's Easy To Remember
B2You've Changed
B3The Good Life
B4In The Wee Small Hours Of The Morning
B5Sunny

私の所有しているArtoneオリジナル盤のA面は、プレスミスでしょうか音が歪んでいます(他の方のブログにも同様な記事を見つけたので同じ時期のプレスかも知れません)。という訳で、私が普段聴いているのは、セカンドプレスのCBS盤の方です。
B5のSunnyは、その昔、Boney M.のカバーしたディスコ曲をよく聴いていました。懐かしいです。

Ann Burton With The Louis Van Dyke Trio – Blue Burton / CBS – S 52791 1970.



私は、A面の歪が無いセカンドプレスの方をお勧めします。バック陣の演奏は立体的な広がりを感じ、Ann Burtonのどこか気怠そうで味わい深いヴォーカルは深夜に馴染むようです。


Oliver Nelson - The Blues And The Abstract Truthを楽しむ
3連休の最終日にやっと晴れて心地よい陽射しを感じます。クルマを洗車するには丁度良いので、司令官の命により、これから出掛けるところです。

三日間通電してるオーディオセットもまずまずのコンディションでご機嫌宜しいです。気分も乗ってきたのでチョット音量を上げて熱いブルースを聴いていました。

Oliver Nelson – The Blues And The Abstract Truth / Impulse! STEREO A-5 1961.


Alto Saxophone, Tenor Saxophone, Arranged By, Composed By – Oliver Nelson
Alto Saxophone, Flute – Eric Dolphy
Baritone Saxophone – George Barrow
Trumpet – Freddie Hubbard
Piano – Bill Evans 
Bass – Paul Chambers
Drums – Roy Haynes
Engineer – Rudy Van Gelder

A1Stolen Moments
A2Hoe Down
A3Cascades
B1Yearnin'
B2Butch And Butch
B3Teenie's Blues

Oliver Nelsonの作編曲したブルース集であり、豪華メンバー揃い踏みによる素晴らしい演奏です。Jazz史に残る銘盤と言っても過言ではないのでしょうか。
Impulse! に録音したRudy Van Gelderは、Blue NoteやPrestigeとはまた異なった音質であり、重厚かつクリアな質感と思います。オーディオファイルにとっても聴きごたえのあるレコードです。




Joy Bryanを楽しむ
Joy Bryanは、コンテンポラリーレコードの社長であったレスター・ケーニッヒの愛妻としても知られるジャズシンガーです。

Joyは、今日ご紹介する2枚のアルバムしかリリースしていません。
美形そのままの端整な歌い方と言っていいでしょう。情感を込めるというよりも真面目に切々と歌い綴る印象です。

Joy Bryan – Joy Bryan Sings / Mode Records MOD LP #108 1957.


Vocals – Joy Bryan
Piano – Marty Paich 
Trumpet – Jack Sheldon
Clarinet, Alto Saxophone – Herb Geller
Clarinet, Baritone Saxophone, Alto Saxophone – Ronnie Lang
Clarinet, Bass Clarinet, Valve Trombone – Bob Enevoldsen
Bass – Red Mitchell
Drums – Mel Lewis

A1I Was Doin' All Right
A2'Round Midnight
A3My Shining Hour
A4When The World Was Young
A5Mississippi Mud
A6My Heart Stood Still
B1You're My Everything
B2When It's Sleepy Time Down South
B3Swinging On A Star
B4What Is There To Say
B5Down The Old Ox Road
B6I Could Write A Book

Marty Paich編成のビッグバンドをバックに、Joyの歌うスタンダードナンバーを楽しめます。私のお気に入りは、My Shining Hourです。mono録音ならではの膨よかな音場感は絶妙なバランスです。


Joy Bryan – Make The Man Love Me / Contemporary Records – S7604 1962.


Piano – Wynton Kelly
Guitar – Al Viola 
Bass – Leroy Vinnegar
Drums – Frank Butler
Engineer – Roy DuNann
Producer – Lester Koenig

A1My Romance
A2Make The Man Love Me
A3Almost Like Being In Love
A4It Never Entered My Mind
A5East Of The Sun
B1Aren't You Glad You're You?
B2My Funny Valentine
B3Old Devil Moon
B4These Foolish Things
B5Everything's Coming Up Roses

Contemporaryからのリリースで、Wynton Kellyの軽快なピアノプレイにも注目です。
My Romanceは私の好きな曲でよく聴いています。こちらは、Stereo録音で定評のあるContemporaryですので、クリアなステレオ感が前後左右に展開されます。

The Poll Winnersを楽しむ
ここ神奈川県西部地区は、生憎の空模様で冷え込みも厳しくなってきました。こういった気候ですと外出するのは億劫になってしまいます、、、が、妻から買物に連れて行けとの御下命を受けたので、これからチョット出掛けるところです。トホホ。

まだ午前中ですので、モーニングコーヒーに合いそうな、耳に優しいレコードを聴いていました。

The Poll Winners – The Poll Winners / Stereo Records S7010 1957.


Bass – Ray Brown
Drums – Shelly Manne
Guitar – Barney Kessel
Engineer – Roy Du Nann
Producer – Lester Koenig

A1Jordu
A2Satin Doll
A3It Could Happen To You
A4Mean To Me
B1Don't Worry 'Bout Me
B2Green Dolphin Street
B3You Go To My Head
B4Minor Mood
B5Nagasaki

The Poll Winners – Ride Again! / Stereo Records S7029 1958.


Bass – Ray Brown
Drums – Shelly Manne
Guitar – Barney Kessel
Engineer – Roy Du Nann
Producer – Lester Koenig

A1Bee Deedle Dee Do
A2Volare (Nel Blu, Dipinto Di Blu)
A3Spring Is Here
A4The Surrey With The Fringe On Top
B1Custard Puff
B2When The Red, Red Robin Comes Bob, Bob Bobbin' Along
B3Foreign Intrigue
B4Angel Eyes
B5The Merry Go Round Broke Down

Barney Kessel, Shelly Manne & Ray Brown – Poll Winners Three! / Contemporary Records S7576 1960.


Bass – Ray Brown
Drums – Shelly Manne
Guitar – Barney Kessel
Engineer – Roy Du Nann
Producer – Lester Koenig

A1Soft Winds
A2Crisis
A3The Little Rumba
A4Easy Living
A5It's All Right With Me
B1Mack The Knife
B2Raincheck
B3Minor Mystery
B4I'm Afraid The Masquerade Is Over
B5I Hear Music

スタンダードナンバーを多く収録しているので、これからジャズを聴きたいという方にはお勧めです。Contemporaryを代表する優秀録音盤であり、オーディオファイルとしても聴き応えがあります。

The Poll Winnersは、この他にThe Poll Winners Exploring The Scene(1960.)と Straight Ahead(1975.)をリリースしています。




Art Pepper - Intensityを楽しむ
Art Pepperの高音質アルバムとして第一に挙げられるのは、Contemporary RecordsからリリースされたMeets The Rhythm Section(1957.)でしょう。Miles Davis のリズムセクションと共演したPapper のクールで明るいアルトサックスは、私の耳に直ぐに馴染んで、Jazzを聴き始めた頃にはよく手に取っていました。

今日は同じくContemporaryからリリースされたIntensityを聴いていました。

Art Pepper – Intensity / Contemporary Records S7607 1963.


Alto Saxophone – Art Pepper
Piano – Dolo Coker
Bass – Jimmy Bond
Drums – Frank Butler
Engineer – Roy Du Nann
Producer – Lester Koenig

A1I Can't Believe That You're In Love With Me
A2I Love You
A3Come Rain Or Come Shine
A4Long Ago (And Far Away)
B1Gone With The Wind
B2I Wished On The Moon
B3Too Close For Comfort

A面1曲目のI Can't Believe That You're In Love With MeからPepperのアドリブにグイグイと惹き込まれます。ContemporaryのStereo録音は、とてもクリアな音場感であり、楽器の細やかな表情まで聴き取れます。レコードと質感は異なりますが、CDも高音質なのでお勧めです。




山口百恵 秋桜
今日は友人の結婚披露宴に参列してきました。
新郎新婦とも50歳を超える熟年婚です。それぞれの年輪を感じさせる落ち着いた良い披露宴でした。

結婚にまつわる名曲は、沢山ありますけれども私はこの曲を思い起こしました。

山口百恵-秋桜 CBSソニー 1977年 / FLAC 96kHz 24bit



作曲・作詞は、さだまさしです。百恵さんが唄うこの曲は味わい深いものですね。ハイレゾで聴くと昭和の雰囲気が増してくるようです。

末永くお幸せに。




The Jimmy Rowles Sextetを楽しむ
今日は、ALTEC LANSING A7さんのブログでもご紹介されていたJimmy Rowlesのレコードを聴いています。

The Jimmy Rowles Sextet – Let's Get Acquainted With Jazz ...For People Who Hate Jazz! / Tampa Records – TP-8 1959.



Piano – Jimmy Rowles
Tenor Saxophone – Harold Land
Trumpet – Pete Candoli
Bass – Red Mitchell
Drums – Mel Lewis
Guitar – Barney Kessel
Vibraphone – Larry Bunker
Engineer – Bones

A1Lullaby Of Birdland
A2Tea For Two
A3All For You
A4Body And Soul
A5El Tigre
B1Cheeta's For Two
B2The Cobra
B3East Of The Sun
B4The Blues
B5Perdido

Bossa Nova、Cool Jazzというカテゴリーでしょうか。ゆったりとした雰囲気の中で粋な演奏をしています。
TAMPAのStereo録音ですけれども音場感豊かで、なかなかの名録音と思います。特にPete Candoliのトランペットの音は秀逸で、全面にゴリっと飛び出してくるようです。




Don Friedman Trio - Circle Waltzを楽しむ
今日はピアノトリオを聴いています。
個人的にRiversideの録音は、今日の天気のように、どこかくぐもったというかピントの合わない印象を受けます。それはそれで60年代のオシャレで都会的な空気感を漂わせて味わい深いでのですが。

Don Friedman Trio – Circle Waltz / Riverside RLP-9431 1962.



Piano – Don Friedman
Bass – Chuck Israels
Drums – Pete La Roca
Engineer – Ray Fowler

A1Circle Waltz
A2Sea's Breeze
A3I Hear A Rhapsody
B1In Your Own Sweet Way
B2Loves Parting
B3So In Love
B4Modes Pivoting


Altec6041で聴くと、Monkのbrilliant cornersに代表されるRiverside録音よりもクリアで、特に、ピアノの響きはより一層明瞭です。一曲目のCircle Waltzは、私の好きな曲です。CDの音質も良いためKlimax DSでもよく聴きます。

Riversideの録音は、Ray Fowler、Jack Higgins、Dave Jonesなどが担当していたので、エンジニアによって質感が違うのかも知れませんね。
いずれにせよRiversideの音作りは、ProducerであるOrrin Keepnewsが決めていたのでしょう。都会的でお洒落なモードの世界を感じます。