FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
Ella And Louisを楽しむ
今日は、家族と初詣に行ってまいりました。神奈川県秦野市にある出雲大社相模分祠です。出雲大社は2礼4拍手1礼で参拝します。

4拍手する理由は【出雲大社のサイト】から引用すると、次のように記載されています。
「一般的には「2礼2拍手1礼」ですが、出雲大社の正式な参拝作法は「2礼4拍手1礼」となります。ご本殿以外のご社殿をお参りの際にも、この作法にてご参拝下さい。
4拍手をする理由ですが、当社で最も大きな祭典は5月14日の例祭(勅祭)で、この時には8拍手をいたします。数字の「8」は古くより無限の数を意味する数字で、8拍手は神様に対し限りない拍手をもってお讃えする作法です。ただし、8拍手は年に1度の例祭(勅祭)の時のみの作法としています。平素、日常的には半分の4拍手で神様をお讃えする4拍手の作法としていますが、お祈りお讃えするお心に差はありません。」



初詣から帰宅した後、こちらのレコードを聴いていました。

Ella Fitzgerald And Louis Armstrong – Ella And Louis / Verve Records MG V-4003 1956.


Trumpet, Vocals – Louis Armstrong
Vocals – Ella Fitzgerald
Bass – Ray Brown
Drums – Buddy Rich
Guitar – Herb Ellis
Piano – Oscar Peterson

A1Can't We Be Friends
A2Isn't This A Lovely Day
A3Moonlight In Vermont
A4They Can't Take That Away From Me
A5Under A Blanket Of Blue
A6Tenderly
B1A Foggy Day
B2Stars Fell On Alabama
B3Cheek To Cheek
B4The Nearness Of You
B5April In Paris

ジャズボーカルとして著名なレコードであり、専門誌などで優秀録音としても取り上げられているため、好きな方も多いと思います。
(Louisは、ソックスの口ゴム部分を丸めている様からお茶目さを感じますね)

レコードとDigitalファイル再生(Klimax DS/K)を聴き比べますと、モノラル録音らしい音圧と奥行き感は共通するところですけれども、レコード再生の方が、二人のハーモニーはよりマイルドで柔らかさを感じます。Louis Armstrongのトランペットは全面に飛んで来て迫力満点です。されどキツくなく自然な煌びやかさで聴き疲れしません。

あくまでALTEC6041のセットで試聴した個人的な印象です。ご了解くださいませ。




スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
私の大好きなアルバムです。

エラが素晴らしいですね。ルイも体調がすぐれなかったとは思えない出来です。

こんなに声質が違うのにハーモニーが合うのは驚きます。
2019/01/02(水) 17:32:00 | URL | mizu #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> mizujblさん

お好きなレコードをご紹介できて良かったです。
ルイが体調を崩していた時の録音とは存じませんでした。全くそういった印象は感じませんね。
2019/01/02(水) 17:44:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
こんばんは

私も良く聴きますが、体調不良だったとは! 知りませんでした
2019/01/02(水) 19:24:00 | URL | 気まぐれ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> 気まぐれさん

お疲れのところコメントありがとうござます。
今夜は、博多の街をゆるりと楽しんで下さい。
2019/01/02(水) 20:11:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ナイスを頂いた皆様、いつもお立ち寄り下さりありがとうござます😊
2019/01/03(木) 10:13:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
https://mm6041.blog.fc2.com/tb.php/103-285f4cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック