FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
Shirley Scott - Great Scott!を楽しむ
私は、連休は今日までで明日から仕事です。一日出社したらまたお休みですので、なかなか仕事モードとは成りそうにありません。

この連休中は、長女の大学受験を控えているため、遠出を控えて自宅でマッタリとJAZZを聴いて過ごしておりました。

午前中は、Shirley Scottのレコードをターンテーブルに置きました。

Shirley Scott – Great Scott! / Prestige 7143 1959.


Hammond Organ – Shirley Scott 
Bass – George Duvivier
Drums – Arthur Edgehill
Recorded By – Van Gelder

A1The Scott
A2All Of You
A3Four
A4Goodbye
B1Nothing Ever Changes
B2Trees
B3Cherokee
B4Brazil

Shirley ScottのHammond Organによるトリオ編成です。グルーブ感満載の演奏は、心が気持ち良く弾んできます。
Van Gelder録音のピアノの音質は苦手という方も、モノラル録音の音圧と明瞭な音場感はお勧めですので、聴いて頂くと良いと思います。

スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
シャーリー・スコットのオルガンは、女性らしい繊細さや柔かさを感じます。
オルガン・ジャズはジミー・スミスやジャック・マグダフに代表されるように、泥くさくてアーシーなモンですが、シャーリーには“汗”の匂いがしないというか…。
トリオだと、そういう個性がより際立ちますね。

ベースがジョージ・デュヴュヴィエという“知性派”なのも、ミソなのかもしれないと思ったりしています。

いいアルバムですね。
2019/01/03(木) 15:34:00 | URL | ハチ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> ハチさん

素晴らしい論評ありがとうござます。
我が意を得たりというか、全く持って同感でございます。

Great Scott宜しいですよね。
2019/01/03(木) 15:59:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ナイスを頂いた皆様、いつもお立ち寄りくださりありがとうございます。
2019/01/04(金) 05:54:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
https://mm6041.blog.fc2.com/tb.php/104-8ab5699a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック