FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
John Coltrane - Balladsを聴き比べる

これからJazzを聴きたいという友人へ、幾つか推薦盤を挙げるとすれば「John Coltrane - Ballads」は間違いなくリストアップされるでしょう。

Jazzのファン層を広げようと考えた、敏腕プロデューサーBob Thieleの手によって1962年にリリースされたBallads。その試みは、現代まで脈々と根付いている訳ですから、Thieleの狙った通り、素晴らしいアルバムに仕上がったことになります。


今日も生憎の雨模様ですね。家でマッタリとしておりますので、Balladsのレコードと、Digitalファイルの再生ではどんな印象に感じるのか、Altec6041のセットで聴いてみることにしました。


The John Coltrane Quartet – Ballads / Impulse! AS-32 1962.

イメージ 1


Tenor Saxophone – John Coltrane

Piano – McCoy Tyner

Bass – Jimmy Garrison

Drums – Elvin Jones

Engineer – Rudy Van Gelder

Producer – Bob Thiele


A1 Say It (Over And Over Again)

A2 You Don't Know What Love Is

A3 Too Young To Go Steady

A4 All Or Nothing At All

B1 I Wish I Knew

B2 What's New

B3 It's Easy To Remember

B4 Nancy (With The Laughing Face)

B5 Untitled


録音当日のピリピリとした雰囲気やプレイヤーの集中力などを肌で感じ取れるようです。Jazzならではの主旋律から、インプロヴァイゼーションへ創造される瞬間が、全身に染み込んできます。

イメージ 2


イメージ 3


CDをリッピングしたDigitalファイル(flac 44.1kHz/16bit)とe-onkyoからダウンロードしたハイレゾ(flac 192kHz/24bit)もLINN klimax DS/Kを使い再生してみました。

音のエッジが効いているのは、CDからリッピングした音源の方です。ハイレゾの方は滑らかさは感じますが、大人しめの音質に聴こえます。


レコードとDigitalファイルの比較では、一つひとつの音の鮮度やリアリティ感が全く異なります。

マスターテープの保存状態やマスタリングの手法にも因るのでしょうね。

以上、あくまで個人的な印象と云うことで、、、ご容赦ください。(笑)


ところで、サービス終了するYahooブログ。

取りあえずこちらのFC2へコピーしました。


この記事の画像を、そのままアルバムへアップロードしようとすると2MBを超えて、エラーになります。使い勝手が今一つ?

よって、何処で続けるのかは、まだ検討中です。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する