FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
Digital RecordingのJazzアルバムをB&W804D3で楽しむ
GW真っただ中で天気もよく、またとない行楽日和なのに、部屋に引き籠っています。
今日は、B&W804D3のセットでDigital RecordingのJazzアルバムを聴いていました。
かなり以前のリリースなので恐縮ですが、演奏、録音とも気に入っている2枚です。

PHIL WOODS / Here's to My Lady / CHESKY RECORDS SACD268 1989.


Phil Woods (as,cl), Tommy Flanagan (p), George Mraz (b), Kenny Washington (ds)
往年の名プレイヤー達のセッションです。
CHESKYらしい空間表現力で、各楽器の響きが非常にクリアに展開されます。
SACD HYBRIDなので普通のCDプレイヤーでも再生可能。

高橋達也 / SECRET LOVE / Sound Stage AJCD-S001 1992.


東京ユニオンに在籍していたリーダーの高橋達也(ts)と、河東伸夫(tp)、深井克則(P)、加瀬達(b)、海老沢一博(ds)のコンボ。
レコーディングエンジニアは、及川公生です。 CDの解説によると、及川氏はCarpenters初来日時のPAを担当したほかKeith Jarrett、日野皓正などから録音の素晴らしさを評価されたようです。各楽器の響きをことさらに強調しない自然な録音です。
私はその昔、FMレコパルで及川公生氏の記事をよく読んでいました。

PS Audio社製のMonaural Power Amplifier M700もかなり馴染んできました。Phil Woodsのやや硬質なasの響きや、Kenny Washington(ds)のブラッシングの繊細さを804D3で鮮やかに再現してくれます。








スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
こんにちは。
及川公生氏の録音は、自分が気にっているアルバムの中で、其の占める割合が非常に高いです !!!
2018/04/30(月) 16:12:00 | URL | ogu #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> oguさん

コメントありがとうございます。
そーなんですね。及川公生氏は3361※BLACK などで素晴らしい録音を残していますね。
2018/04/30(月) 20:36:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
気まぐれさん、oguさん

いつもナイスありがとうございます。
ブログも楽しく拝読させて頂いております。
2018/04/30(月) 23:21:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
こんにちは
どちらも知らない....mmさん守備範囲広いですねー。高橋達也と東京ユニオンって昔よく歌謡番組のバックで演奏してたような。高橋さんテナーも吹くんだ。へー。ってこっちが本職か?にしても黒づくめのステレオ、カッコいい!
2018/05/06(日) 14:49:00 | URL | はんchan #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> はんchanさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
ブログに掲載すると守備範囲が広いと思われるかも知れませんが、そんなことはないんですよ。
2018/05/06(日) 19:43:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
気まぐれ親父さん

いつもナイスありがとうございます。
2018/05/06(日) 19:44:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
https://mm6041.blog.fc2.com/tb.php/34-9515fa81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック