FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
Cantando Bossa Novaを楽しむ
今日もボサノバを聴いていました。

Vi Velasco With Zoot Sims And His Orchestra – Cantando Bossa Nova Means Singing The Bossa Nova / Colpix Records – CP 438 1962.


Vocal – Vi Velasco
Orchestrated By – Zoot Sims
Tenor Saxophone – Zoot Sims
Guitar – Jim Hall
Trumpet – Markie Markowitz

A1I Got Rhythm (Tenho Ritmo)
A2Recado (The Message)
A3I Got Plenty O' Nuttin' (Eu Tenho Bastante De Nada)
A4Zing Went The Strings Of My Heart (As Cordas Do Meu Corcado Slaram Zing)
A5Cheek To Cheek (Face Com Face)
B1And The Angels Sing (E Os Anjos Cantam)
B2Don't Fool With Love (Nao Branques Com O Amor)
B3You And I (Tu E Eu)
B4Don't Call Joe (Sem Saudades De Voce)
B5Exactly Like You (Exactamente Como Tu)

Vi Velascoは1939年にマニラで生まれ、その後、カリフォルニアに移ったフィリピン女性歌手。このアルバムは、Zoot Simsのオーケストラをバックに歌ったボサノヴァ・アルバムで彼女のデビュー作のようです。可憐で清潔感漂うVi Velascoの唄声は、軽快なボサノバと良くマッチしており格別です。

mono盤とは思えないほど音場感がスピーカーの周囲に広がります。



スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
このアルバムは私もほんと時々ですが聴いてます。zoot+ボサノバ、良いですね。
2018/11/04(日) 19:52:00 | URL | AMPEX520 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> AMPEX520さん

コメントありがとうございます。
ボサノバを聴きたい気分になる時ありますよね。
2018/11/04(日) 23:01:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ナイスを頂いた皆様、いつもお立ち寄りくださりありがとうございます。
2018/11/05(月) 06:25:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
https://mm6041.blog.fc2.com/tb.php/83-a5a2e470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック