FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
コロンビア時代のMiles Davisを楽しむ
昨日のTIASでは、AXISSのブースで聴いたAyre R Series : ultimate referenceのアンプで駆動するルーメンホワイトの美音が、とても魅力的かつ官能的でした。Digital録音の再生における究極的なサウンドの一つと申し上げて良いのでしょう。

翻って、1950年代~60年代のJazz黄金期のアルバムを再生する機器としては、最新のハイエンドがベストとは感じない世界があって、この辺りがオーディオの面白いところというか、奥深くて趣味性の高い所以となっているのではないでしょうか。
好きな音楽(アーティスト、楽曲)の録音年代、録音方式、メディア(媒体)があって、それを自分好みの音質や音場感で再現するように部屋や機器類をセットアップする楽しみ(苦しみ)の過程は、まさに醍醐味です。

私の勝手な蘊蓄はこの辺にして、今日はコロンビア時代のMiles Davisから、次のレコードを聴いていました。

Miles Davis – 'Round About Midnight / Columbia CL 949 1957.


Trumpet - Miles Davis 
Tenor saxophone - John Coltrane
Piano - Red Garland 
Bass - Paul Chambers
Drums - Philly Joe Jones

A1'Round Midnight
A2Ah-Leu-Cha
A3All Of You
B1Bye Bye Blackbird
B2Tadd's Delight
B3Dear Old Stockholm


Miles Davis + 19 - Orchestra Under The Direction Of Gil Evans – Miles Ahead / Columbia CL 1041 1957.


Arranged By, Directed By – Gil Evans
Trumpet, Flugelhorn – Miles Davis

A1Springsville
A2The Maids Of Cadiz
A3The Duke
A4My Ship
A5Miles Ahead
B1Blues For Pablo
B2New Rhumba
B3The Meaning Of The Blues
B4Lament
B5I Don't Wanna Be Kissed (By Anyone But You)


Miles Davis – Milestones / Columbia CL 1193 1958.


Trumpet, Piano (on "Sid's Ahead")  - Miles Davis 
Piano - Red Garland 
Alto saxophone - Julian "Cannonball" Adderley
Tenor saxophone - John Coltrane
Bass - Paul Chambers
Drums - Philly Joe Jones

A1Dr. Jekyll
A2Sid's Ahead
A3Two Bass Hit
B1Milestones
B2Billy Boy
B3Straight, No Chaser


Miles Davis Sextet – Someday My Prince Will Come / Columbia – CL 1656 1961.


Trumpet – Miles Davis
Tenor saxophone - Hank Mobley on all tracks except "Teo"
Tenor saxophone -John Coltrane on "Someday My Prince Will Come" and "Teo"
Piano  - Wynton Kelly
Bass - Paul Chambers
Drums - Jimmy Cobb

A1Someday My Prince Will Come
A2Old Folks
A3Pfrancing
B1Drad-Dog
B2Teo
B3I Thought About You


Miles Davis – 'Four' & More - Recorded Live In Concert / Columbia CL 2453 1966.


Trumpet – Miles Davis
Piano – Herbie Hancock
Tenor Saxophone – George Coleman
Bass – Ron Carter
Drums – Tony Williams

A1So What
A2Walkin'
A3Joshua / Go-Go (Theme And Announcement)
B1Four
B2Seven Steps To Heaven
B3There Is No Greater Love / Go-Go (Theme And Announcement)


この年代のアナログ録音は、Jazzにおける完成形のように感じます。プレイヤーの熱気や研ぎ澄まされた緊張感を間近で見て取れるような楽器の響きやキレの鋭さ。これらを実在感を伴って再現するには、当時の録音に焦点を合わせた機器を選択して調整すべきなのでしょう。そこから再現される音場感は、現代のハイエンド機器の再生とは全く別次元の世界です。

個人的には両方の世界を楽しめればベストですけれども、、、。

スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
ナイスを頂いた皆様、いつもお立ち寄りくださりありがとうございます。
2018/11/19(月) 06:14:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
https://mm6041.blog.fc2.com/tb.php/87-51a7e877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック