FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
The Jimmy Rowles Sextetを楽しむ
今日は、ALTEC LANSING A7さんのブログでもご紹介されていたJimmy Rowlesのレコードを聴いています。

The Jimmy Rowles Sextet – Let's Get Acquainted With Jazz ...For People Who Hate Jazz! / Tampa Records – TP-8 1959.



Piano – Jimmy Rowles
Tenor Saxophone – Harold Land
Trumpet – Pete Candoli
Bass – Red Mitchell
Drums – Mel Lewis
Guitar – Barney Kessel
Vibraphone – Larry Bunker
Engineer – Bones

A1Lullaby Of Birdland
A2Tea For Two
A3All For You
A4Body And Soul
A5El Tigre
B1Cheeta's For Two
B2The Cobra
B3East Of The Sun
B4The Blues
B5Perdido

Bossa Nova、Cool Jazzというカテゴリーでしょうか。ゆったりとした雰囲気の中で粋な演奏をしています。
TAMPAのStereo録音ですけれども音場感豊かで、なかなかの名録音と思います。特にPete Candoliのトランペットの音は秀逸で、全面にゴリっと飛び出してくるようです。




スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
ナイスを頂いた皆様、いつもお立ち寄りくださりありがとうございます。
2018/12/09(日) 18:21:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
https://mm6041.blog.fc2.com/tb.php/93-db4244fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック