FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
Art Pepper - Intensityを楽しむ
Art Pepperの高音質アルバムとして第一に挙げられるのは、Contemporary RecordsからリリースされたMeets The Rhythm Section(1957.)でしょう。Miles Davis のリズムセクションと共演したPapper のクールで明るいアルトサックスは、私の耳に直ぐに馴染んで、Jazzを聴き始めた頃にはよく手に取っていました。

今日は同じくContemporaryからリリースされたIntensityを聴いていました。

Art Pepper – Intensity / Contemporary Records S7607 1963.


Alto Saxophone – Art Pepper
Piano – Dolo Coker
Bass – Jimmy Bond
Drums – Frank Butler
Engineer – Roy Du Nann
Producer – Lester Koenig

A1I Can't Believe That You're In Love With Me
A2I Love You
A3Come Rain Or Come Shine
A4Long Ago (And Far Away)
B1Gone With The Wind
B2I Wished On The Moon
B3Too Close For Comfort

A面1曲目のI Can't Believe That You're In Love With MeからPepperのアドリブにグイグイと惹き込まれます。ContemporaryのStereo録音は、とてもクリアな音場感であり、楽器の細やかな表情まで聴き取れます。レコードと質感は異なりますが、CDも高音質なのでお勧めです。




スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
黒ラベル、オリジナル ファースト盤だぁ~ なんでも持ってるんですね~

コンテンポラリー盤、コンプリート? 凄すぎです
2018/12/15(土) 21:44:00 | URL | 気まぐれ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> 気まぐれさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
私は、コレクターでは無く、置き場所も狭いので、気に入ったレコードしか持っていないですよ。
2018/12/15(土) 22:43:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ナイスを頂いた皆様、いつもお立ち寄りくださいありがとうございます。
2018/12/16(日) 13:12:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
https://mm6041.blog.fc2.com/tb.php/95-e25f7414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック