FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
Joy Bryanを楽しむ
Joy Bryanは、コンテンポラリーレコードの社長であったレスター・ケーニッヒの愛妻としても知られるジャズシンガーです。

Joyは、今日ご紹介する2枚のアルバムしかリリースしていません。
美形そのままの端整な歌い方と言っていいでしょう。情感を込めるというよりも真面目に切々と歌い綴る印象です。

Joy Bryan – Joy Bryan Sings / Mode Records MOD LP #108 1957.


Vocals – Joy Bryan
Piano – Marty Paich 
Trumpet – Jack Sheldon
Clarinet, Alto Saxophone – Herb Geller
Clarinet, Baritone Saxophone, Alto Saxophone – Ronnie Lang
Clarinet, Bass Clarinet, Valve Trombone – Bob Enevoldsen
Bass – Red Mitchell
Drums – Mel Lewis

A1I Was Doin' All Right
A2'Round Midnight
A3My Shining Hour
A4When The World Was Young
A5Mississippi Mud
A6My Heart Stood Still
B1You're My Everything
B2When It's Sleepy Time Down South
B3Swinging On A Star
B4What Is There To Say
B5Down The Old Ox Road
B6I Could Write A Book

Marty Paich編成のビッグバンドをバックに、Joyの歌うスタンダードナンバーを楽しめます。私のお気に入りは、My Shining Hourです。mono録音ならではの膨よかな音場感は絶妙なバランスです。


Joy Bryan – Make The Man Love Me / Contemporary Records – S7604 1962.


Piano – Wynton Kelly
Guitar – Al Viola 
Bass – Leroy Vinnegar
Drums – Frank Butler
Engineer – Roy DuNann
Producer – Lester Koenig

A1My Romance
A2Make The Man Love Me
A3Almost Like Being In Love
A4It Never Entered My Mind
A5East Of The Sun
B1Aren't You Glad You're You?
B2My Funny Valentine
B3Old Devil Moon
B4These Foolish Things
B5Everything's Coming Up Roses

Contemporaryからのリリースで、Wynton Kellyの軽快なピアノプレイにも注目です。
My Romanceは私の好きな曲でよく聴いています。こちらは、Stereo録音で定評のあるContemporaryですので、クリアなステレオ感が前後左右に展開されます。

スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
ナイスを頂いた皆様、いつもお立ち寄りくださりありがとうございます。
2018/12/24(月) 23:17:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
https://mm6041.blog.fc2.com/tb.php/97-667b038f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック