FC2ブログ
mmのマッタリJazzブログ
 Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。宜しくお願いします。
Oliver Nelson - The Blues And The Abstract Truthを楽しむ
3連休の最終日にやっと晴れて心地よい陽射しを感じます。クルマを洗車するには丁度良いので、司令官の命により、これから出掛けるところです。

三日間通電してるオーディオセットもまずまずのコンディションでご機嫌宜しいです。気分も乗ってきたのでチョット音量を上げて熱いブルースを聴いていました。

Oliver Nelson – The Blues And The Abstract Truth / Impulse! STEREO A-5 1961.


Alto Saxophone, Tenor Saxophone, Arranged By, Composed By – Oliver Nelson
Alto Saxophone, Flute – Eric Dolphy
Baritone Saxophone – George Barrow
Trumpet – Freddie Hubbard
Piano – Bill Evans 
Bass – Paul Chambers
Drums – Roy Haynes
Engineer – Rudy Van Gelder

A1Stolen Moments
A2Hoe Down
A3Cascades
B1Yearnin'
B2Butch And Butch
B3Teenie's Blues

Oliver Nelsonの作編曲したブルース集であり、豪華メンバー揃い踏みによる素晴らしい演奏です。Jazz史に残る銘盤と言っても過言ではないのでしょうか。
Impulse! に録音したRudy Van Gelderは、Blue NoteやPrestigeとはまた異なった音質であり、重厚かつクリアな質感と思います。オーディオファイルにとっても聴きごたえのあるレコードです。




スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
こんにちは~

>三日間通電してるオーディオセット

豊潤な音色、羨ましいです

昔から気になってますが、この盤 ジャケ違いがありますよね? 勘違いかも?
2018/12/24(月) 11:18:00 | URL | 気まぐれ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> 気まぐれさん

こんにちは。

1st.はこのカーテンデザインで、その後、Oliver Nelsonの横顔のデザインに変わったようですね。
2018/12/24(月) 13:23:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ナイスを頂いた皆様、いつもお立ち寄りくださりありがとうございます。
2018/12/24(月) 23:18:00 | URL | mm #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
https://mm6041.blog.fc2.com/tb.php/98-bda29bbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック